今週のインドネシアチャート1位




















http://www.jakanavi.com/tips/index.cfm?action=list&tips_category_id=1



ニュース ニュース

2016/08/23 更新

全て新着情報セール
  • 【公益財団法人 日本アジア医療看護育成会】
  • 2016/08/23
  • 【ジャカルタ72年会】
  • 2016/03/26
  • 【ジャカルタのインターナショナルスクール|RAFFLES CHRISTIAN SCHOOL 【Pondok Indah】】
  • 2016/03/04
  • 【ジャカルタのインターナショナルスクール|RAFFLES CHRISTIAN SCHOOL 【Kelapa Gading】】
  • 2015/12/07
  • 【ジャカルタのインターナショナルスクール|RAFFLES CHRISTIAN SCHOOL 【Kebon Jeruk】】
  • 2015/12/07

簡易エリアMAP 簡易エリアMAP

投稿記事

《イベントPickUp》2017年3月21日~4月9日:北岸バティック展覧会  by  A.K.I

2017/03/24 09:00

《イベントPickUp》2017年3月21日~4月9日:北岸バティック展覧会

Pengaruh Kebudayaan Peranakan Pada Corak Hias Batik Persisiran
~北岸バティックのモチーフへのプラナカン(中華系移民の末裔)文化の影響~



 本日は、素敵な展覧会情報をお届けします。インドネシアと言えば、まず思い浮かぶのが布文化。特にジャカルタのあるジャワ島では、バティックと呼ばれるろうけつ染めの伝統布は避けて通れません。布自体に特にご興味のない方でも、文化保持の観点から定められている”バティックの日”である金曜日や、会社での式典、または結婚式にご招待された時などには正装であるバティックを着用するなど、ジャカルタに来たからには必要な衣服として1着はご用意されているのではないでしょうか。

 さて、このバティック、色も柄もありすぎて、モノトーン無地に慣れている我々日本人には、最初は選ぶのも一苦労。まずは急場しのぎに直感で気に入ったものというところからのスタートとなるかと思いますが、産地として有名なエリアがいくつもあり、それぞれに描かれるモチーフや、特徴となる色彩が異なるので、この魅力にはまる人は産地毎の特徴を覚え、自分の好みのテイストの産地のものを買い求めたり、実際に産地を訪問して素敵な一枚を探したりオーダーしたりするなど、どこまでも引き込まれる魔力的な魅力を持っています。

 さまざまな特徴を持つそんなバティックの中から、中華系の人々の文化の影響を受けたモチーフが魅力的な、ジャワ島の北岸エリアの布にスポットを当てたバティックの展覧会が、今週から西ジャカルタの繊維博物館で開催されています。チレボン、プカロンガン、インドラマユ、ラスムなど、ご興味がおありの方には憧れの地とも言えるエリアの布が勢ぞろい。その中でも海を越えてやってきた中華圏の香り漂うモチーフは大変ユニークです。柄だけでなく、ラスムの赤、カイン・ティガ・ネグリ(藍・赤・茶の3色染め)、カイン・バン・ビル(赤と藍の2色染め)などと呼ばれる特徴的な色彩も大変魅力的です。

 私は初日にさっそく観に行ってきたのですが、まだそれらエリアのバティックの特徴がややぼんやりとしか把握できていなかったのが、このようにまとめて並べられていると大変捉えやすく、今後はこれらエリアの布に出会ったら識別できそうと思えたのも一つ収穫ですが、何よりも、ため息が出るような精緻な染めのとっても素敵な数々の布が展示されていて、手仕事のすごさ、隅々まで見どころ満載なデザイン、本物の色彩など、実際に見た瞬間の感動をぜひ味わっていただきたいので、写真はイメージご参考程度に少しだけ添付しておきます。





【開催日時】2017年3月21日~4月9日
【場所】ジャカルタ繊維博物館 / Museum Tekstile Jakarta / Textile Museum Jakarta
【住所】Jl. Aipda Ks Tubun No.2-4, Tanah Abang, Jakarta Barat
【開館時間】火曜-日曜日 9:00-15:00
【休館日】月曜日・祭日
【入館料】大人:Rp 5,000 /  大学生:Rp 3,000 / 学生:Rp 2,000
【HP】http://museumtekstiljakarta.com/

 なお、トークショーもありますが、こちらインドネシア語です。英語通訳すらないのですが、インドネシア語で聞いてみようと思われる方は是非!

<終了>・Pengaruh Kebudayaan Peranakan Pada Corak Hias Batik Persisiran 
by Notty J Mahdi, Forum Kajian Antropologi Indonesia
Tuesday, March 21, 2017 - 11:00 to 12:00

Pengaruh Kebudayaan Tionghoa Pada Ragam Hias Batik Indramayu 
by Nita Trismaya M.Ds
Saturday, March 25, 2017 - 10:00 to 12:00 



 本博物館をまだ訪れたことが無いという方へ少々ご紹介。その名のとおり布に特化した博物館です。染めの布のコレクションで、イカットと呼ばれる織りの布は展示されていません。
 上記展覧会は門を入って正面左手の本館で開催中です。



 右手側の駐車場脇の建物は、常設展示のギャラリーで、それこそ各地の特徴あるバティックを山ほど観ることができ、布好きには一日でも見ていられそうな至福のエリアです。ちょっとしたミュージアムショップも併設されています。さらに奥にはバティック体験(有料)ができる建物もあります。

 この博物館では定期的にこのような展覧会が開催されているのですが、インドネシア全体的にありがちな、Webサイトがあまり情報更新されていない感じなので、こういった展覧会情報もキャッチしづらいですが、これを機に、少しでも興味惹かれた方は、是非インドネシアの文化に触れに足を運んでみてください。

 

 なかなかタイムリーに正確な情報キャッチが難しいインドネシア。またお勧めできるイベントが確認できた際には、ご紹介したいと思います。

by A.K.I

関連チップス

《イベントPickUp》2017年4月26日~4月30日:インドネシア手工芸品展示会
2017.04.24 By A.K.I 《イベントPickUp》2017年4月26日~4月30日:インドネシア手工芸品展示会
《イベントPickUp》2017年4月26日~4月30日:インドネシア手工芸品展示会The 19th Jakarta International Handicraft Trade Fair – INACRAFT 2017~第19回 ジャカルタ国際工芸見本市ーイナクラフト2017~  皆さん!すでにチェックされていますか?毎年大盛況で、今年で19回目と回を重ねる、年に1度この時 ... 続きを読む
魅惑的なインドネシアの布、布、布!
2017.04.11 By A.K.I 魅惑的なインドネシアの布、布、布!
魅惑的なインドネシアの布・布・布!by A.K.I みなさま、”布”にはお詳しいですか?日本にもその地域によって、例えば北の方から厚司織、津軽こぎん、南部裂織、越後上布、小千谷縮、加賀友禅、真岡木綿、江戸小紋、丹後縮緬、西陣織、、大島紬、琉球紅型、宮古上布などなど、染め布あり織り布あり、その地域の気候風土・文化を象徴する独自の素材・織り方・染め方・モチーフが受け継がれた、風 ... 続きを読む
ジャカルタ・トピックス_April2017
2017.04.03 By A.K.I ジャカルタ・トピックス_April2017
ジャカルタ・トピックス_April2017 by A.K.I 4月。日本では桜の花に囲まれ、新学期など新たな始まりの気分が満ちる季節。常夏のインドネシアでは先日3月28日はバリ・ヒンドゥー教の暦での正月”Nyepi”で国の祝日でした。西暦の1月1日に新たな1年が始まったと思ったら、1月28日には華人の正月”イムレック”が、そして今回またもや別な暦の新 ... 続きを読む

関連タグ