今週のインドネシアチャート1位




















http://www.jakanavi.com/tips/index.cfm?action=list&tips_category_id=1



ニュース ニュース

2016/08/23 更新

全て新着情報セール
  • 【公益財団法人 日本アジア医療看護育成会】
  • 2016/08/23
  • 【ジャカルタ72年会】
  • 2016/03/26
  • 【ジャカルタのインターナショナルスクール|RAFFLES CHRISTIAN SCHOOL 【Pondok Indah】】
  • 2016/03/04
  • 【ジャカルタのインターナショナルスクール|RAFFLES CHRISTIAN SCHOOL 【Kelapa Gading】】
  • 2015/12/07
  • 【ジャカルタのインターナショナルスクール|RAFFLES CHRISTIAN SCHOOL 【Kebon Jeruk】】
  • 2015/12/07

簡易エリアMAP 簡易エリアMAP

投稿記事

居心地抜群ジャカルタのカフェ#3  by  A.K.I

2017/03/28 10:05

居心地抜群ジャカルタのカフェ#3
By A.K.I



 コーヒー豆生産量第4位のインドネシア。国内旅行の道中でも、赤いコーヒーの実がなるコーヒーの木が見られたり、家の前にコーヒー生豆が広げて干されていたり、田舎の村では庭先で木の臼でローストした豆を粉砕していたりといったシーンなど、コーヒーが暮らしの中に根付いている情景が目に留まります。

 コーヒーを飲むという文化もたくさんある島々でも広く楽しまれているようですが、インドネシアではtubrukと呼ばれる飲み方が実は一般的。豆を挽いたら粉を直接カップに入れてお湯を注ぎ、粉が沈んできたら上澄みを飲むという飲み方。いくら上澄みと言っても、慣れないと口の中がざらついてうまく飲むのもなかなか一苦労。お邪魔したインドネシア人のお宅で出していただいたり、地方へ行くとホテルで出されるコーヒーもtuburukだったりすることもありますが、ジャカルタのおしゃれなカフェでは大丈夫。我々が飲み慣れているフィルターを使う方法で、しかも抽出方法も選べたりというこだわりのお店も多数あります。ローカルスタイルを試したい場合には、メニューに"Kopi tubruk"があるカフェもあったりするので、気が向いたらトライしてみてください。

 今回は、カフェご紹介第3弾!ご紹介しようとしていたカフェが閉店してしまったりでがっかりもしつつ、でもまだまだあります居心地の良いカフェ in ジャカルタ!


1. One Fifteenth 1/15 Coffee
 




 こちら、以前のカフェスペースは建物の2階で、1階は工事中だったのですが、今はその1階でオープン。2階の光の差し込む明るい感じがお気に入りではあったのですが、階は変わっても広々とした居心地の良い空間は変わらず。
豆の焙煎から抽出方法にまでこだわり、店名の”1/15”は、理想的な一杯を淹れるのに最適なコーヒーと水の比率1:15に由来するのだそう。朝7時からオープン。まだ暑くなる前のすがすがしい光の中、コーヒーの香りに包まれるのも格別です。分煙になっているのも、吸わない人にとっても吸いたい人にとっても嬉しい。

住所:Jl. Gandaria 1 No. 63, Kebayoran Baru, Jakarta Selatan 
電話:021 7225678
http://www.1-15coffee.com/
 


2. Sophie Authentique





 ジャカルタのおすすめベーカリーショップとしても登場しましたが、心地よい空間がカフェとしても外せないこのおしゃれな店舗。ジャカルタ市内に4店舗あり、青と白を基調としたフレンチスタイルの店内は、まるでヨーロッパの街角にいるような気分にさせてくれます。ゆらゆらと吊り下げられた鳥かごのような椅子も各店舗にシンボリックに置かれ、なんだかちょっぴり周囲の目も気になりそうですが、私が訪れる時にはいつも先客ありで、次回こそはその椅子を試してみたいと思っているところです。
 当初、パンと並びカヌレがおいしいとの評判でしたが、どうも近頃ジャカルタのカフェではカヌレを置くところが増えたように思われ、カヌレに関してはスペシャル感がなくなってきた気もしますが、変わらず定評のあるパンと、コロンとかわいいフィナンシェなどその他焼き菓子も楽しめます。
 4店舗いずれも南ジャカルタエリアではありますが、お気に入りの店舗が点在してくれていると、お出かけついでに近くの店舗を選ぶことができ足を運びやすい易いというのも嬉しいですね。

http://www.sophieauthentique.com/
KEMANG
住所:Jl. Kemang Selatan 1 No. 20A, Kemang, Jakarta Selatan
電話:021 7180011
KUNINGAN
住所:Kuningan City – Ground Floor #40
Jl. Prof. Dr. Satrio Kav. 18, Kuningan, Jakarta Selatan
電話: 021 50101400
CIPETE
住所:Jl. Cipete Raya No. 11, Fatmawati, Jakarta Selatan
電話:021 7656364
CIKAJANG
住所:Jl. Cikajang No. 48, Senopati, Jakarta Selatan
電話:021 7263038


3. BUTFIRST Coffeeshop



 さて、お次のこのカフェ。住所を頼って来たものの、一戸建て路面店かと思いきや、通りから建物を見るとそこには複数の店名が並んで掲げられていて少々戸惑います。こちら、1軒の建物が複数店舗にシェアされているような構造になっていて、今回めざすカフェは正面右のガラス張りのドアを入り、その突き当りに見える中庭の右手の一角にあります。



 店舗はこじんまりとしていますが、天気の良い日は屋外の椅子に座ってくつろぐことも。ローカルの若者も多いこういったカフェでは、なんとなく小学校の教室を懐かしく思い出させるような木とパイプのシンプルな椅子やテーブルが使われているところが多くて、そんな素朴さもジャカルタのカフェがなんだか心落ち着く一因と感じられます。



 冒頭の写真はこのカフェのものですが、和食器的な陶器のカップでコーヒーが出てくるところがまたほっとさせられます。なお、お食事的なカフェではなく、食べ物はちょっとつまむ焼き菓子くらいの感じなのですが、もう少し何か食べたいという場合には、建物入ってすぐのオープンスペースにショーケースを構え、おいしそうなパンやカヌレを並べている「IS-CAKETORY」というお店(写真↓)でまず購入し、奥のカフェでコーヒーを飲みながら食べたい旨伝えれば、大きなオーブンで温めなおしてトレーに盛り付けて、カフェの方へ持ってきてくれます。



 その他、中華バーガー「BAOJI」、メキシコ料理「Taco Local」といった店舗が入っていて、なんとも新しいシェアハウス感覚の店舗群。外装など雰囲気がかわいらしく、自撮り好きなインドネシアの若者達があちこちで写真を撮って楽しんでいる姿も印象的です。
 

関連チップス

《イベントPickUp》2017年9月6日~9月28日:世界報道写真展2017
2017.09.07 By A.K.I 《イベントPickUp》2017年9月6日~9月28日:世界報道写真展2017
《イベントPickUp》2017年9月6日~9月28日:世界報道写真展2017The World Press Photo 2017~世界報道写真展2017~ 国境を越えて世界各地で毎年展開されるこの写真展、皆さん足を運ばれたことはあるでしょうか?この写真展、日本でも6月中旬から東京都写真美術館での展示を皮切りに、現在各地を巡回していますが、昨年の実績では、1年を通じて世界45カ国約90会場で開催さ ... 続きを読む
ジャカルタでアートなくつろぎ
2017.09.04 By A.K.I ジャカルタでアートなくつろぎ
ジャカルタでアートなくつろぎby A.K.I 大渋滞で移動も億劫になってしまうジャカルタ。できることなら、最低限の移動ストレスで、複数の満足感が得られる場所があると理想的ではありませんか?その一つとして、何でも揃うモールも当てはまらなくはないですが、もっとリラックスした気分になれる、アート鑑賞とお食事という2つの優雅な時間を楽しめる、そんな場所を今回は集めてみました。 心地よいカフェが探せば次々と ... 続きを読む
居心地抜群ジャカルタのカフェ#5
2017.08.25 By A.K.I 居心地抜群ジャカルタのカフェ#5
居心地抜群ジャカルタのカフェ#5By A.K.I 探せばまだまだ次々発掘されるジャカルタのカフェ。確認してみるとここ数年でオープンしたという店舗が結構多いです。自国のコーヒー豆の良さが再認識され、輸出用が大半を占めていたのが、近年国内での消費の動きも活発になってきているとか。コーヒーだけでなく、国産カカオ豆を使った"Pipiltin""Pod"といった自国の ... 続きを読む

関連タグ